|
       

search :



山の大トロ 天然鹿肉


身篭ったら布団を売ってでも鹿肉を食べなさい

おばあちゃんの知恵袋

昔から天然の鹿肉は生の刺身で食べるのが常識で山の大トロと言われていました。
鹿は体温が高いので寄生虫やウィルスのつきにくい「清浄肉」とも伝えられてきました。
(今は生食はダメといわれていますね)

現代人は体温が低く、その分病気にかかるリスクが高いと考えられています。
昔の人からの言い伝えでは「弱くなった所を食べたらいい、体温が低いなら鹿肉を食べるといい」と云われています。
天然の鹿肉はイノシシなどと同じ獣肉ですが脂質が少なく高タンパク質、低カロリーのヘルシーなお肉です。
山のめぐみに感謝しつつ、おおいに食べて体力をつけましょう。


天然鹿肉ジビエのまとめ


スタッフ和田 やまさちの商品で扱っている鹿肉は天然ジビエなので人工飼料で育った家畜と違い山奥の天然野草で育った食材になります。

当ページでは紹介しておりませんが、加工食品には過熱乳酸菌・ハーブといった体にいいものがぎゅっと詰まっていて、体力作りにはもってこいのレトルト食品となっています。

ぜひこの機会に食べてみてください。






| | | |